処女が重いと言われた…処女卒業してから本命と交際すべき?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

処女が重い
「処女だけど…彼ができたらどう思われるかな?」「正直なところ、処女のデメリットってあるの?」処女ということが彼にとってどう思われるのか気になりますよね。

でも、処女が重いという男性も一定数存在します。

この記事では処女が原因でフラれた、重いと言われたというエピソードを紹介します。

処女が重いと言われた!その理由とエピソード

処女が原因でフラれた

20歳を過ぎた年齢の処女は重い?

20代、大学生。人生で初めて男の人と付き合うことになりました。もちろん処女。そのことを相手には伝えずにいました。

仲はとても良かったのですが、毎日連絡するというルールをわたしが作り始めてから、次第に相手が疲れ始めてきたことに気がつきだしました。誰かと付き合うことなんて初めてだったので最初のうちは本当に毎日のやり取りも苦ではなかったんです。お互いを求めあうことで愛されてるんだと実感して、幸せになれるんだとその時はそう思ってました。

けれど恋愛において一番必要なはずの自由や楽しさがなくなってしまい、その上わたしが処女なのを告げると相手の方から愛が重たすぎて疲れると告げられ、破局に至ることになりました。今思えば、あの時はまだ未熟で恋愛の仕方さえも分からなかったのかもしれません。処女に加えて肩の力が入りすぎた恋愛はうまくいかないものだと思いました。

処女とHするのを面倒と思われた

私が処女だった頃、3年程前に付き合っていた彼氏は美容師でした。彼はお店が終わってから練習をしたりと、なかなか帰りが毎日遅かったようです。私は学生で土日が休み。彼は月曜が休み。なかなか会える時間は少なく、平日彼が早く帰れた時にごはんに行ったり、カフェでおしゃべりしたりと、そんな感じでした。

ときどきいい雰囲気になって初めてのエッチをしようとするも、私が挿入への恐怖心と痛さから拒否反応を示すため、結局いつもHできずに変な空気になって終わりになるということが続きました。

付き合い始めはお互いマメに連絡を取り合っていたのですが、そういうことが続くと彼の気持ちが離れていっているというのを実感して、私は寂しさや不満を感じてラインを連続で何通もするようになり、未読スルーや既読スルーされることが増えていきました。

その後、彼は他の遊びなれた女性と体の関係を持ち、結局わたし自身のことを重たくうざい存在にして、最後には一方的にフラれてしまいました。

処女をめんどくさがられた

学生時代、彼氏と2年付き合って突然振られました。それは彼が他にいい感じの女の子ができたから。その女の子は処女卒業済みで、遊びなれててきっとエッチも上手。対して私はそれまで彼がいたことがない処女で、彼に口でして欲しいと言われた時も恥ずかしがって何もできなかったから「もういいよ、全然よくない」と言われてその時はそれっきり。処女だからめんどくさがられてフラれてしまいました。

その彼氏とは、別れた後もたまに顔を合わせていた、と言うか軽くストーカーだったかもしれない。

今思えば。別れが辛すぎた私は、いっきに食が細くなって一月の間に5キロ痩せたし、げっそりしてしまったのがまるわかりだったし、顔を合わせる度に涙を流して居たら、お前の態度が重すぎるから早く俺を忘れてくれと頼まれた。

それでもすぐには忘れられずに、よりを戻したいと2回お願いしたけど、取り合ってもらえずにしばらくしたはまた別の派手な女性と付き合い出した。純粋すぎる、真面目すぎるのも嫌われるんだと学びました。

処女は責任が重い

20代中盤に付き合った男性とテレビ番組を見ているとき、「処女って責任が重いわ」と言われました(そのときのテレビが処女に関する恋愛の内容だった)。その彼とは付き合って1ヶ月も経たない浅い付き合いの頃でした。自分が処女なのを秘密にして付き合っていたので、その時は本当に辛かったです。

その後もなんとか交際は続いていたんですが、「泊まりに行きたい」とか「ホテル行こう」という彼の誘いは処女がバレてしまいそうで必死で理由をつけて断っていました。「処女なのがバレたら嫌われる、ウザがられる」という一心でした。

だから、私は彼以外の男性と経験をして処女を捨ててから彼とエッチしようと思って処女卒業サポートに相談しました。その後、彼とは別の男性と処女を無事卒業できたのち彼とは今も交際が続いています。

処女の恋愛は重い?

私は高校生まで箱入り娘で男性とのお付き合いも親から反対されていて、また女子中、女子高だったためまともに男性と付き合ったことありませんでした。大学ではじめて親元を離れ上京し、恋人ができすごく新鮮で夢中になりました。

男性との距離感もよくわからないまま、けど付き合い当初はあいても私に、ぞっこんだったのでうまくいってたのですが、付き合って半年ほどで相手は私に対して落ち着いてきました。自分との温度差が明らかで、喧嘩も増えていきました。

ある日、デートの日に待ち合わせ時間になっても現れず、電話をかけてみると電源オフでつながりません。少し待ってると彼は現れ、携帯の電源が落ちて、遅刻の連絡できなかったとのこと。そこで私は、なんで私の携帯番号覚えてないの?!公衆電話からかけれるためちゃんと覚えてよ!と怒ったところ、重たいと言われ、お付き合いも終わりました

処女が重いのは何歳まで?

大学生時代。私が20歳のときに付き合っていた彼に「重い」と言われた事があります。ほろ苦い思い出です。ずっと憧れていた人気もあってかっこいい年上の彼と付き合える事になって嬉しい反面、自分に自信が持てずにいました。

彼に良く思われたくて、必要以上に自分を作っていました。いつも笑顔でマイナスな事は一切口にせず、一緒に食事に行く時も高い店は選ばず、わがままな事も全く言わなかったと思います。当時はそれが「努力」だと勘違いしていました。その努力こそ彼に愛される秘訣だと。

ところがある日彼に言われました。そう、「重い」と。。。私と一緒にいると自分が汚くて悪い人間に思えて自己嫌悪に陥って全く居心地が良くなかったそうです。おまけに私が20歳過ぎの未経験の処女だからと言われて…。その時はショックでしたが、今は彼の気持ちが良くわかります。完全に独りよがりな恋愛で思い出すとほろ苦いけど、今となってはその未熟だった自分も一生懸命で可愛かったなと受け入れています。

処女で大学時代に浮気された

私がまだ処女で、大学生の時に付き合っていた彼氏に、重いと言われたことがあります。付き合ってすぐ、彼氏が海外留学に行くことになり遠距離恋愛することになりました。それだけでも不安はありましたが、元々彼は女友達が多くわたしと付き合う前も他の女の子にちょっかいをかけたりしていたので、いつか裏切られるんではないかと心配でした。

彼が留学に行き、時差の関係で連絡が減り、SNSでは案の定女の子とくっついて写真を撮ってるのがあげられていてわたしも我慢の限界でした。彼にそのことを伝えると、裏切ってるわけではないのにいちいちうるさいと言われ結局別れることになりました。

しかし彼は、実際はすでにわたしの友人と浮気をしていたので余計うるさく感じたんだと思います。それから、私は女にだらしない男は徹底して嫌いになりました。

処女ならではの重いアプローチ?

数年前の話になりますが、今流行りのSNSが普及してない頃でやり取りはLINEはなく、メールでした。そしてその当時、一緒に働いていた会社の後輩で私より3つ年下の男性に好意を抱いていたのです。話も合って年下なのに考え方もしっかり、家族を大事にしている所に惹かれて、2年半と結構長い期間想い続けていたのでそろそろ告白しても良いかな、と思いました。その人とは仲良しの部類に入っているから、告白したら関係が崩れ気まずくなるのではという心配も正直あったのです。

しかし告白する事を心に決めましたので、どのように伝えようかと。勿論メールアドレスも知っている、でも電子的に告白するのはちょっと、対面にしようかと、それは恥ずかしい。とさんざん悩んだ結果、直筆の手紙にしたのです。手紙1枚で簡潔にだけど、しっかり内容のある文章にしようと完成するのに1週間かかりましたね。手紙って昭和の時代か、と自分自身で突っ込みたくなったけれど逆に真剣に受け止めてくれるかもしれないと淡い期待を持ち、仕事が終わって雑談した時に何気なく渡した。丁度その日は金曜日で、土日休みが入るから翌週の月曜はドキドキです。土日は相手から連絡もなく、何もないまま迎えた月曜日。職場はオフィスで何十人もの方が働いている場所。

朝出勤すると、その相手は既に出勤していてデスクに「話したい事があるから、お昼一緒に食べない?」の付箋が貼ってありました。話の内容は重々承知しており、その日は社内食堂ではなく外食へ。とは言っても普通のファミレスだったが、相手からさっそく「手紙ありがとう。ちょっとびっくりしたけど。」と言い、その次に「でも今どき手紙って、ちょっと重いな」と言われてしまいました。相手はすごく迷惑な顔はしていなかったけど、重いと言われた時点で恥ずかしさと後悔が一気に込み上げ、逃げるように後輩を残し先に職場に戻ったのです。人によって受け止め方は違うけれど、余程の事がない限り、伝えたい事があるなら直接顔を見てから伝えよう、次回からと反省しました。ちなみに会社では、時が経つにつれ何事もなかったかのように、だったがその半年後くらいに私は退職。振られたからではなく、家庭の事情によりです。以来好きになった男性に告白して、上手くいかなかった事もあるけれど、1度も重いと言われたことはありません。

処女のときの失敗談

気になる男性がいたとき、彼の家が持ち家で広く、また料理人ということで食事が本当に美味しかったのもあって、毎週のように押しかけていました。料理人の彼の貴重な週一の休みを一日潰させていたこともあり、最初は嬉しそうにしていた彼もだんだん態度が変わってきました。

それまでは「今日行っていい?」と聞けば、「おーいいよ!来て来て」だったのが、だんだん「無理しないでね」になり、「わざわざ来てもらうのも悪いな~」になり、最後は「毎週はちょっと」。「もしかして重い?」とふざけて聞いてみたら、いつもならふざけて返してくれるのに、初めて「ちょっとね」と苦笑いされ、そこでようやくウザがられていることに気付きました。

以降、なんとなく他の遊びにも誘いにくくなり、自然と会わなくなりました。好きな気持ちで暴走してしまったことを反省し、それからは誰に対してもやらないようにしています。

処女を捨ててから本命と付き合った方がいい理由

処女が重い

エッチに負担をかけない

処女だとエッチが面倒という男性が一定数存在します。なぜなら、男性が処女とエッチをするときには気を使うばかりで自分が気持ちよくなれないからです。

本命の彼とする前にエッチ慣れしておくことで恋愛が障害なくうまくいくことがあります。

肩の力が抜けて付き合える

男性に対する免疫がない状態だと、どう接していいかわからず必要以上に気を使ってしまうことがありますよね。お互いに気疲れてしまい、結果として恋愛がうまくいかないこともあります。

そのためエッチ経験済みという余裕があれば、その結果恋愛にいい影響をもたらします。

この人だけじゃないと余裕が生まれる

経験すると世の中に男性が何人もいると強く実感できて、依存し合わない良い関係を作れます。

もしも別れたとしても、他にもいい人がきっといると思えるようになります。そう、ブルゾンちえみ方式です。

処女をとりあえず捨てたい

処女が重い理由をエピソードとともに紹介しました。いかがでしたか。

処女であることが嫌ですぐにでも捨てたい卒業したいという場合、処女卒業サポートで相談に乗ります。チェックしてみてくださいね。

処女捨てたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする